食生活に摂り入れよう|クレアチニンで病気予防|発症する前に病をカット

クレアチニンで病気予防|発症する前に病をカット

レディ

食生活に摂り入れよう

サプリメント

お子さんのアトピーに悩んでいる親御さんは日本中に沢山います。また、アレルギーに苦しむ方もいるでしょう。日本では、戦後食の欧米化が進み、子供のアレルギーが増えていると言います。古くから日本にある食べ物には栄養や体に優しい成分が沢山含まれているのに、そういったものから自ら離れていったのです。そんな日本食の中で欠かせないのが海産物です。わかめや昆布などの海藻にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。また、魚にも沢山の体に嬉しい成分が含まれています。海外から来た、ファーストフードや飲み物なども美味しい物は沢山ありますが、日本食の素晴らしさを見直す時が来ています。そんな日本食の中で、主食を飾ってきたのが魚です。魚の中でも得に栄養豊富と言われているのが、イワシやサンマといった青魚です。そんな青魚に大量に含まれている成分で、非常に注目されているのがEPAです。EPAとは、エイコサペンタエン酸という成分の略称になります。このEPAエイコサペンタエン酸は世に数多くある脂肪酸の一つです。脂肪酸には牛や豚など動物から摂ることのできる「飽和脂肪酸」と青魚などから取れる「不飽和脂肪酸」に分けられます。飽和脂肪酸は、様々な病気や疾患の原因になると言われ、世界中から規制がかかったり、見直されたりしています。そして、その反対の効能を持つ不飽和脂肪酸には、様々な体質改善の効果があります。EPAの効果として挙げられるのが、アトピーなどのアレルギーや炎症の改善です。アレルギーなどの改善により、子供の健康だけでなく、大人の成人病予防にも繋がります。他にも、EPAには、動脈硬化を改善する効果もあるという研究結果が出ています。